即日キャッシングの極意〜夜でも借りる為には

即日キャッシングの大きなハードルは、いつ審査が終わって融資が受けられるのかという点です。

 

今ではほとんどのキャッシング会社で即日審査をうたっているので、条件が整えば30分で完了することもあります。

 

しかし銀行系と消費者金融の異なる特徴を理解しておかないと、即日融資を受けられないことにもなります。

 

銀行系・・・金利が低いが、審査に時間が掛かる
消費者金融・・・金利は高いが、審査の時間は早い

 

こうした違いを理解すれば、自ずとすぐに融資をして欲しいときに選ぶべき申し込み先が分かります。

 

100万円オーバーの大金の借り入れを希望するときは、金利の高さは最初に確認しておくべき項目です。元金が高額な場合には、たった数%でも金利に差があると請求される利息額がずいぶん変わってしまいます。

 

これに対して、数十万円あればよい場合や当日中のキャッシング優先の場合には、金利水準は銀行系と比較すると高めになるものの審査期間が短い消費者金融がおすすめです。

 

借入するときの理由や金額によって借り入れ先をどこにするかを判断しましょう。

 

即日キャッシングをするには、インターネット申し込みからが必須です。

 

銀行振込での借り入れを希望した場合、ネット銀行の口座ならほぼいつでも入金が完了しますが、通常の銀行口座の場合は注意が必要です。

 

時間によっては入金反映までに時間がかかってしまいます。銀行の営業時間終了後に振込されても、口座にお金が振り込まれるのは翌営業日まで持ち越しとなります。

 

そこで夕方以降に即日融資を受けたければ、キャッシング会社のATM(無人契約機)を使いましょう。インターネット上で申し込み自動契約機で所定の手続きをすれば、その場でカードが発行され現金が引き出せます。

 

50万円以下の限度額なら収入証明書がいらないので、借り入れの手間はそれほどありません。こうすれば外出時に急遽現金が必要になった時、銀行振込が間に合わない時間でもお金を受け取ることが可能です。

 

ネットからの申し込み後に、無人機から発行されるカードをもらうのが最もスピーディーです。

 

消費者金融でも大手だと、店舗が閉まっている時間帯でも自動契約機で借り入れできます。午後3時以降で急に当日中にお金を借りたいのであれば、あらかじめネットで申し込み、無人機を利用しましょう。

 

即日キャッシングの極意〜審査の中身を知る

ここからのパートでは、謎の多いキャッシングの審査について説明していきます。

 

ほとんどのキャッシング業者では、スコアリングシステムで申込者の返済能力を半自動で判別しています。

 

どういったシステムなのかというと、申込者の属性情報(職業・雇用形態・収入・年齢・居住環境)などを数字として表したもので、そのスコア結果を自社のデータベースと参照し、融資しても返済能力がありそうな人かを短時間で判断できるという画期的な方法です。

 

こうした審査を用いたことによって、申込をして30分で審査結果が出るスピード感と、処理できる件数が飛躍的に向上したことで、キャッシング人口も増加しました。

 

そうしたスコアリングを通過すると、次は他社からのキャッシング状況をチェックされます。

 

個人の各種ローン状況(キャッシング含む)を信用情報機関に参照し、今どういった債務情況の人なのか、過去の返済遅延や借金整理(債務整理や個人再生など)の問題の有無を調べます。

 

そして、総量規制の対象となっているか否かを調べるという目的もあります。総量規制を簡単に説明すると、年収の1/3以上の借入を制限する法律で、多重債務者に歯止めをかけるのが目的で制定されました。

 

ただし、この総量規制の対象となる項目は、貸金業法の管轄化にある「消費者金融と信販会社」のローンです。

 

ごく普通のローン(教育・車・住宅など)については総量規制の対象にはなりません。貸金業法内の規制なので銀行から借りているお金については全く関係ありません。

 

こういった審査を通過すると在籍確認という最終関門に突入します。在籍確認というものは、申込者が本当に会社に勤めているかを金融会社が実際に電話をして確認するものです。

 

必ずアコムやアイフルといった金融会社名ではなく、個人の苗字(木村や中居など)を名乗って電話がかかってくるので、キャッシングを申し込んだことがばれるようなことはありません。

 

この電話のときに休憩時間などで会社に居なかったとしても、本当に会社へ在籍しているのかを確認するのが目的なのでそれで問題ありません。

 

概ねどの金融会社でも、こうした審査を通過すれば晴れて融資を受けられます。

 

キャッシングを申し込んだ会社によっては微妙に違うこともありますが、概ねこうした流れで審査が行われます。頭の片隅に入れておけば金欠になっても慌てることはありません。